Gourmet & Food
Life & Service
Beauty & Fasion
Calture
Health

「公式ガイドブック」のわけ

中目の黒本は、「ナカヨシ会」が作っています。
この「ナカヨシ会」、実は「中目黒をさらに良くする連絡会」の略なのです。
会員は中目黒にある4つの商店街の他、町内会、自治体、公共機関、企業の有志。中目黒を愛し、ひたすら中目黒をもっとよくすることばかり考えている人たち、つまり中目黒そのものなのです。
どうぞ、お手にとって中目黒でたくさん楽しんでください。
おもてなしの心で皆様をお待ちしています。

中目の黒本vol.5の内容

インタビュー記事

HIRO [チーフ・クリエイティブ・オフィサー]
「世界中のトップアーチストたちが集まる街になる。」

p008-011

1990年にZOOのメンバーとしてデビュー。2013年に現役パフォーマーを勇退し、現在は株式会社LDHの社長を務め、ダンススクールや店舗を経営するHIRO。中目黒で育ち、中目黒をこよなく愛するHIROさんは、この街の未来をどのように想像しているのか、率直に語って頂きました。

ウィリアムス浩子 [ジャズ歌手]
「私が中目黒に住む理由」

p018-020

アルバムが7作連続ジャズチャート1位を更新中のジャズシンガー、ウィリアムス浩子さん。中目黒は「私の音楽人生を包み込み、いっしょに呼吸する街」と語る浩子さん。「心身にゆとり」をもたらす、中目黒の魅力について聞きました。 

スタンザーニ・ピーニ・詩文奈 [翻訳家]
「外国人にも楽しい中目黒」

p028-030

イタリア、ボローニャ出身の翻訳家、スタンザーニさん。子供の頃から、日本のアニメや漫画が大好きだった彼女。そんな彼女をとりこにした、中目黒の魅力について聞きました。 

加藤和也 [みそらひばり記念館館長]
「母との思い出」

p042-044

ひばりの自宅を記念館として一般公開するとともに、さまざまな企画や運営にも携わる加藤さん。中目黒は新旧の時空が交錯した不思議な街、と語る加藤さんに、お母様との思い出について聞きました。 

東京音大 新キャンパス開設へ

p013

中目黒お散歩マップ

p014-017

中目黒の四季

《春》

p021

《夏》

p031

《秋》

p035

《冬》

p045

中目黒の利便性

p022-023

変わる中目黒

p024-025

目黒川に架かる橋

p032-033

工学院大学×中目黒

p034

地域と小学校

p036-039

中目黒の町会・自治会・住区マップ

p038-039

童謡の里

p046

ナカメのお店紹介

グルメ&フード

p047-084

ライフ&サービス

p085-128

ビューティー&ファッション

p129-136

カルチャー

p137-148

ヘルス

p149-167

住みたい、住み続けたいまち中目黒

p172-173

SHOP LIST

p176-199

MAP

p200-205

「中目の黒本」をWEB版で見よう!

p007

価格:300円(税込)